投資全般

投資をしていくうえで、利回りとは? 利回りの考え方。

何に投資するにしても、必ず必要になってくる概念やキーワードの一つ『利回り』。

利回り

投資において、利回りの考え方は必須である。

利回りの言葉の意味と利回りの計算方法からおさえよう。

 

利回りとは

利回りとは、投資した額に対して、どれくらいの年間収益があがるのか?、その投資効率を表した数字。

たとえば、100万円を投資して、10万円の利益があがったのなら、その投資の利回りは10%になるという簡単な考え。

 

そのため、

利回りが高いほど、

投資効率としては、優れた投資先ということになる。

ただし、実際はその分、リスクも裏腹ということは忘れてはならない。

リスクとリターンは表裏一体。

 

利回りの計算方法

この利回りの計算式は、

利回り(%)=1年間の収益/投資額×100

となる。

 

上記のように、利回りは、利益額ではなく、投資した額に対する利益の割合である。
そのため、違った投資先であっても、どちらが効率的な投資先なのか判断できる

 

利回りに関して、よくある考え方の確認のために出される問題として、

 

Q.次の2つのケースではどちらが有望な投資先?

①:1,000万円の投資をして50万円の利益

②:5,000万円の投資をして200万円の利益

収益の額で比較すると、②の利益額の方が大きい。

しかし、

投資効率を示す利回りで比較すると、

A.利回り(%)=1年間の収益/投資額×100

①:50万円/1,000万円×100=5%

②:200万円/5,000万円×100=4%

の利回りの方が大きく、投資効率が高いということになる。

このように、利回りを利用すれば、規模のことなる投資案件の優劣を見極めることができる。

利回りの種類|株式投資、国債、不動産投資

利回りといっても、投資商品によって利回りの呼び方が違う。

例えば、

〇株式投資:配当利回り

株式を保有していると原則年2回、企業の利益を配当金として株主は受け取ることができる。

そこで、1株あたりの株価に対して、どの程度配当されるかをあらわすための利回りが、配当利回り。

 

〇国債:国債利回り

国債を保有していると、 満期(償還時)まで一定期間ごとに利子を受け取ることができる。

また、額面金額(償還時の金額)と購入金額で差がある場合には、満期時にその差額が利益となる。

 

国債の利回りを計算する際には、この『利子』+『額面金額と購入金額の差額』の合算を利益額として利回りを計算する。

 

ただ、その合算額は保有期間中の合計の利益額なので、

満期までの合計利益額がわかったら、次に合計利益額から1年あたりの利益額を計算して、利回りを計算する。

つまり、『保有期間中の利益額合計』/『保有年数』 で計算すると『1年毎の利益』がでるので、その『1年毎の利益』を用いて、利回りを算出する。

 

不動産:実質利回りと表面利回り

 

不動産は、第三者に賃貸することで、賃料収入を毎月得ることができる。
不動産投資の利回りには、不動産経営を行う際に必要になる経費を考慮した実質利回りと経費を考慮しない表面利回りの2つがある。

 

実質利回り(ネット利回り)

実質利回りとは、賃料収入から必要経費を差し引いた実際の手取り収入額をもとに計算した利回り。

実質利回りは、経費まで考慮して計算しているので、投資物件の投資効率を正しく把握することができる。

必要経費となるものは、管理費・修繕費積立金、専有部内の修繕費、利息など。

 

表面利回り(グロス利回り)

表面利回りとは、不動産を運営するうえで必要となる経費を考慮せず、賃料収入額だけをもとに計算した利回り。

月々の経費が明らかでない投資物件の投資効率を判断する際の目安として表面利回りが利用される。

ただ、表面利回りは、あくまで目安指標であるということを頭に入れておいたほうが良いでしょう。

理由として、

不動産業者さんによっては、見かけ上、利回りを良く見せるため、そして営業トークをしやすくするために、表面利回りだけ説明して、利回り高いですよと言って営業する会社もあるので注意が必要である。

 

その場合、経費を引いてみたら、キャッシュフローがマイナスになってしまったというようなケースもあるので、不動産投資の投資効率を判断する際には、実質利回りを用いるが良いでしょう。

 

よって、

投資をしていく中で、その良し悪しを判断するためには、利回りの概念は最低限知っておく必要がある。

THEO
ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。