不動産

不動産投資で稼ぐ!! まずは始めてみよう。投資として魅力ある不動産投資

まずは小さくても始めてみよう。

不動産投資は投資として非常に魅力的な投資だ

まず、不動産投資を始めると心に決めてみよう

不動産投資、既に不動産投資をやっている人は、えてして口をそろえて言う『もっと早く始めておけばよかった』と。

基本、ある程度の基礎知識を持って、不動産を選定し、購入、そして運用すればほとんどの人が同じことを言うはずだ。

しかし、逆に失敗している人も当然にいるのである。そして、金額も他の金融商品より額が張るので、損失も少しとは言ってもそれなりの金額になってします。

そのため、人はマイナスへの恐怖の方が大きいので、不動産は怖いということになってしまうのだろう。

しかし、繰り返すが、不動産投資は、ちゃんとやりさえすれば、他の金融商品と比べてもそこまでリスクはないのだ。

不動産投資は怖いのか

これから不動産投資を始めようとする人はまず恐る恐るの人が多いのではないだろうか。

不動産という土地ころがし的なイメージそして不動産会社に対するネガティブな印象もお持ちの方もいるだろう。

中にはまだそういう人もいるかもしれないが、それもちゃんとした人と付き合っていれば、そうは出会わないだろう。

ただ、はっきり言う。

怖くないし、不動産投資は魅力的な投資である。

ただ、自分も知識武装しておかないと、ろくに検証もせずに、うまい営業トークにやられてしまうこともあるので要注意だ。

失敗した方はそのパターンであることが見受けられることが多い。

そこは、しっかり自己責任で。

その辺の心構えというか、投資していくにあたって、押さえておくべきポイントを伝えていければと思う。

不動産投資を理解すれば投資の選択肢も拡がる

不動産投資にあたって、メリットやリスクを知ることで、上記のような不動産投資への怖さやネガティブな印象はなくなり、理解をもって判断できるようになるだろう。

そして、同時に安定した収益を生むことが出来る不動産投資の魅力も理解できるようになると思う。

・今のうちに資産を増やして、将来の経済的自由が欲しい

・他の収益源を確保し、自分の人生の選択肢を増やしたい

不動産投資は、そんな手助けをしてくれる投資であると思う。

理解した上で、実施するのか、他の投資をやるのか判断できるようになれば、投資への選択肢が拡がるきっかけになると思う。

不動産投資の魅力とリスクを知っておこう

それでは、

なぜ不動産投資が強いのかその魅力

になぜ不動産投資は怖いと思われるのかリスク

をピックアップしてみよう。

その上で、自己判断ができるようにしよう。

不動産投資の魅力

・ゼロになることが無い

不動産投資は、よほど大きな天災などが起きない限りは、物件の価値が下がることはあってもゼロになることはない。

・しっかりと運営すれば、成功できる確率は高い

不動産マーケットはほぼ決まっているというか、安定した市場が出来上がっているので、想定しやすいし、間違いも起きづらい。逆にそこを最初に間違えると修復が難しいこともあげられる。

・マーケットさえ間違えなければ、家賃や不動産価格の大きな変動リスクはない。

・バブル期の絶頂の時のようによほど不動産価格が高いときに不動産を買うとか、震災が起きるとか無い限り、大きな変動要素はない安定した投資である。

・不動産が働き、お金を運んでくれる。

・自分が他のことをやっていても、人に貸すことでお金を運んできてくれる。

・働きながらでも運営できるし、働いているからこそ資金調達が見込める

・働いているからこそ、銀行からローンが引きやすいということで、二足のわらじがメリットとして享受しやすい投資である。

・外注に任せることで、自分は他のことができる。

・管理も外注にすることで、本当に何もしなくても良く、購入までは物件を探したり、ローンを交渉したりと大変だが、そのあとは逆に何もしなくても収益を生んでくれる。

不動産投資のリスク

・投資用不動産として目利きを間違ってしまう

これは、例えば自分で不動産を見たり、判断しないで、不動産業者の言いなりで買ってしまったとか、しっかりと判断しないで買ってしまうリスクである。ここで大きく間違えると修復は難しいのでしっかりと検証しよう。そうすれば、逆にリスクはなくなり、勝ち戦になる。

・収支の見込みを間違ってしまう

稼働率を強気で見すぎたり、賃料を高く想定して収支計算したり、購入時点よりインフレで金利上昇したり、デフレが起きて物件の価格下落リスクあるが、特に稼働率と賃料見立てを間違えなければ、リスクは大きく軽減できると思う。

・空室リスク

テナントが退去した後、なかなか新しいテナントが入らず賃料収入が思ったように収受できない等のリスクはあるが、そこは不動産のエリアさえ間違っていなければ、競争力を保つ管理させすればリスクはなくなるだろう。

・滞納リスク

この滞納リスクは付きまとうが、テナント入居時に保証会社に賃料保証を付けさえすれば、リスクは限りなくゼロにできる。

・震災リスク

この震災リスクはどこでも付きまとうが、震災が起きても不動産価格はゼロにはなりにくく、保険などでリスクヘッジは可能である。

このように、不動産投資の魅力とリスクをあげてみたが、見てみると、リスクの多くはヘッジできる項目が多い気がする。

そうすると、魅力の方が多いと言えるのではないだろうか。

デメリット

不動産投資のデメリットとすれば、他の金融商品よりまとまった資金が必要になり、さらには最初の元手資金が全くゼロでは始めにくいことがあげられる。

これは、少なくとも節約したり稼ぐなりして、せめて購入する不動産の諸経費だけでも貯める必要がある。

これは意地でも貯めよう。

貯められる資金見合いで、購入できる不動産を検討すればよいので、まずは第一歩を。

そこのハードル上げるとお金を貯めることを諦めてしまい、進まなくなってしまう。

まずは少しでも良いので、頑張ってみよう。

それすらないと、金融機関からの印象も悪くローンも出ないので。

何からすればよいか。

上記を理解し、まずは下記を始めて準備して、不動産投資の第一歩を踏み出してみよう。

勉強して知識を増やそう

本を読んだり、不動産会社の有料セミナー(無料セミナーだと営業にあうことは覚悟しよう)に参加するなどして、知識を増やそう。知識武装もリスクヘッジの大きなポイントである。知識がないと失敗するリスクが増すので要注意だ。



ネットでもよいので、情報を集めてみよう

ネットで投資用の不動産情報は集められるので、暇なときに定期的に見ておこう

情報サイトとしてメジャーで雰囲気を知るのにおすすめなのが、下記の2つのサイトである。

健美屋

https://www.kenbiya.com/

国内最大級の不動産投資と収益物件の情報サイトである。

楽まち

https://www.rakumachi.jp/

収益物件を探すなら『楽待』 国内最大の不動産投資サイト。

不動産会社と情報交換して情報を集めてみよう、

参加したセミナーの不動産会社の担当者と仲良くなったり、上記のサイトで興味を持った不動産を問合せするなどして、不動産会社から情報が来るように関係を作っておこう。

銀行に問い合わせたり、銀行のセミナーに出るなどしてローンを調べておこう

銀行の不動産投資用ローンセミナーに参加したり、知り合いの融資担当を紹介してもらうなどして、いつでも相談できるように関係を作っておこう。

良い物件情報があった時にすぐにローン相談できるようにしておくと、いざという時にスピード感をもって対応できる。

お金貯める

これは精神論で少しでも貯めよう!!

⑤総論

上記を理解することで、今後不動産投資をどう進めていけばよいのか、少しはイメージがわいたことと思う。

実際、不動産投資に関しては、法律や建築や金融やいくつかの基本的な知識も必要になってくるが、それは実践の中で身につくことでもある。

不動産投資のポイントして、おさらいしておこう。

【不動産投資の魅力】

・ゼロになることが無い

・しっかりと運営すれば、成功できる確率は高い

・マーケットさえ間違えなければ、家賃や不動産価格の大きな変動リスクはない。

・不動産が働き、お金を運んでくれる。

・働きながらでも運営できるし、働いているからこそ資金調達が見込める

・外注に任せることで、自分は他のことができる。

 

不動産投資のリスク

・投資用不動産として目利きを間違ってしまう

・収支の見込みを間違ってしまう

・空室リスク

・滞納リスク

・震災リスク

これらの良い点と悪い点を覚えておくことで、注意すべき点がイメージ付くと思う。

それを踏まえて、どんどん突っ込んだ知識を増やしていこう。

⑥まとめ

不動産投資を成功させることで、時間とお金を手に入れることが出来る。

不動産投資は成功する確率を自分で上げることが出来る投資なので、一歩踏み出してみよう。

そして、それにより経済的自由度を高め、自分の人生の選択肢を拡げていくことできるきっかけになってくれる手段になってくれれば。






ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。