不動産

初心者必見!! 不動産投資で稼ぐ! 基本的な流れを知っておけば、いつでもやれる!①  

【押さえておこう進め方のポイント】

どうやって進めていけば良いのか?初心者向け不動産投資 具体的な進め方のポイント⓪、①

 

今日から平成から令和になりましたね。改元後のこのサイトでの第一稿です。

昨日はカウントダウンもあって、世間的に年越しみたいな雰囲気でした。

twitter社が押していた挨拶というか掛け声は”ハロー令和”でしたね。

浸透していたのかな。

さて、

この令和の時代は、昭和・平成の過去の常識も商慣習も大きく変化をして、全く異次元なものに作り変えられる時代になる気がします。

考え方も頭も、どちらに思いっきり振り切られても付いていけるようにしておかないとチャンスはモノにできないと思っています。

できる限り、このサイトを見て頂いている方にとって良い情報を発信していけたらと、心新たに頑張っていきます。

この時代も皆で良い時代にしましょう。

そして個人的にも沢山投資して、稼いで、経済を活性化していきましょう。

この時代もよろしくお願い致します。 @Three Base

さて、今回はまた不動産投資について書いていきます。

ちょっと連続でこれから不動産投資を検討される方に書いていこうと考えています。

不動産投資を実際に進めていく上でのポイントを紹介しよう

前回、不動産投資の良い点とリスクを知ったうえで、しっかりとやっていけば投資として不動産投資は悪くないよということを述べたけど、では実際に進めていく上で、何をどういう手順で進めていけばよいのか、ポイントを含めて紹介していこうと思う。

どういう手順で、どうやって進めていくのか理解しておく必要アリ

これから不動産投資を進めていく方にとって、物件選定や不動産取引の流れがわからなかったら、どう進めて、そして何を準備して進めていけばよいのかわからないと思う。

そのため、これから始めていく方は、基本的な流れを把握してもらい、既にやっている方は改めて確認してもらえば良いかなと思う。

基本的な進め方をチェック

不動産取引の基本的な流れとポイントを理解することで、アンテナを張って情報の集め方、そして関係者とのネットワーク構築と前もって準備できることがあるだろう。

不動産会社や金融機関、司法書士など連携が必要になってくるので、把握しておこう。

基本的ながれだが、下記の通りである。

【不動産投資のフロー】

⓪不動産投資をやろうと決める。

①情報収集・問い合わせ

②物件の査定・評価

③現地調査

④購入申し込み

⑤金融機関に相談・申し込み

⑥不動産売買契約

↓※⑥と⑥’は同時に進める

⑥’金融機関の融資の承認

⑦不動産の引き渡し・決済(金融機関のローン契約は同時)

↓※⑦と⑦’は同時に進める

⑦’管理方法や管理会社の検討

⑧運用

各ポイントを確認していこう

上記のような流れだが、ここでは各項目のポイントをそれぞれ述べていこう。

⓪不動産投資をやろうときめる

”不動産投資をやると決める”これは一番大事だ。これが無いと先が無いので。

このポイントは前回紹介させてもらっているので、確認してほしい。

同時にお金を貯めよう。

目安は今回買おうとしている不動産と同額だが、1棟不動産だとそれを貯めるのは難しいので、まずは諸経費+αだけでも。

色々賛否両論あるが、まずの目標はワンルームマンションからでも、郊外の戸建てだって良い。そしたら、ハードルはそこまで高くならない。

(※当然、物件をちゃんと選定して、買った後に収益を生むものだ。)←これは、改めて物件の選び方を紹介できれば。

金融機関も相談した際に、お金がゼロですだと、なかなか貸してくれないので、そこは気持ちを見せよう。

①情報収集と問い合せ

まずは自分の投資スタンスを決めよう。

投資は何度も記載しているけど、リスクとリターンの見合いである。

リスクをある程度取れるのか?手堅くいきたいのか?

利回りが良ければ良いなりのリスクもあるし、利回りが低ければ、逆に安定した資産になり得る。エリアもそうである。

人が集まる人気のエリアだと利回りは低くなるし、そうでないエリアになっていくにつれて徐々に利回りが上がってくるのだ。

当然だが、基本的には賃貸の需要と供給のバランスが利回りに影響してくる。※個別条件や他諸条件でそうでないものあるので、そこは別で、あくまで一般的に。

参考:エリアの利回り感のイメージ

ただ、そんな中でも、

たまに利回りが他近隣より良いのに、良い物件があったりもするので、それを探し続けるのだ。

皆、そこのギャップがある不動産をねらっているのだ。

資金的なもののあるし、どのエリアをねらうのか。

まずは、定まらないと思うので、下記のサイトで物件を見ながらイメージや価格感や利回りの感覚を養おう。※利回りの考え方はこちらで。

きっと探していると楽しいはずだ。

ただ、焦らず長い目で見ていこう。最低でも数か月スパンで考えたほうが良いだろう。

上記のような良い物件って、なかなかでてこないのだから。

逆にそこが本投資の成功のカギとなるのだから、ゆっくりと見る目を養っていこう。

健美屋

https://www.kenbiya.com/

国内最大級の不動産投資と収益物件の情報サイトである。

楽まち

https://www.rakumachi.jp/

収益物件を探すなら『楽待』 国内最大の不動産投資サイト。

また、不動産のセミナーに行って情報をもらったり、地元の不動産会社の広告を見てみよう。

不動産会社がやる営業チックな不動産セミナーは、その後の営業電話がすごいので、できるだけ勉強会に近いセミナーに参加しよう。

そこで名刺交換をするなりして情報をもらえたり、相談できるルートを確保しよう。

不動産投資にフローに関して、一気に紹介しようと思ったが、ボリュームは多く、難しいので、今回は⓪と①についてにして、何回かに分けて紹介しようと思う。

どういう投資をしたいかスタンスを決めよう

上記のような流れがあり、その中で、まずスタートとなる、

やると決めること” と ”情報収集と・問い合わせ”をしようということを述べたが、行動に移すことが大事である。

その中で、自分がリスクを取れるのか、それとも安定した投資をしたいのか見えてくるだろう。

最初は分からなくても見えてくるし、同時に自分がどのような不動産を好むのかもわかってくるだろう。

その中で、それが投資として合ってくるのか検討していけばよいのだ。

まずは、行動に移すことで一気にことが進み始めるであろう。

そして情報も集まり始めるので、初めに先に紹介した2つの情報サイト見て観察してみよう。

おさらい

おさらいだが、不動産投資の進め方で下記流れがあることは紹介したとおりだ。

【不動産投資のフロー】

⓪不動産投資をやろうと決める。

①情報収集・問い合わせ

②物件の査定・評価

③現地調査

④購入申し込み

⑤金融機関に相談・申し込み

⑥不動産売買契約

⑥’金融機関の融資の承認

※⑥と⑥’は同時に進める

⑦不動産の引き渡し・決済(金融機関のローン契約は同時)

⑦’管理方法や管理会社の検討

※⑦と⑦’は同時に進める

⑧運用

一連の流れは理解してしまえあとは基本どのパターンも流れは一緒なので、本当に難しくない。

その中で、今回は⓪と①について記載したが、それぞれ、下記ポイントである。

⓪:不動産投資をやると決める

・心に決める

・お金を貯め始める(既にある人は問題なし)

①:情報収集・問い合わせ

・自分の投資スタンを見極める

・数かスパンで長期的にみる

・情報サイトを見てみる

・勉強会やセミナーとかにも行ってみる(ちゃんとした勉強会)

→不動産会社とも関係を作ろう

そうすることで、自然とイメージや感覚が付いてくるはずである。

最後に

まずはスタートラインに立つことである。

上記の流れを理解し、徐々に各項目のポイントを詳しく理解していくうちに、不動産投資家になり、そこから、資産家の道が開けてくるだろう。

→次回、この続きを書いていきます。

 

ジム鈴木の300万円不動産投資入門セミナー

ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。