ビジネス

マンション内や建物内でのシェアリングが生まれたら、小さな経済圏になる?

同じ建物内でシェアリングが起こったら?

同じ建物内で、シェアリング

以前、シェアリングビジネスについての記事を書いたが、

今回、大阪ガスの実験集合住宅「NEXT21」で、

アプリを使った集合住宅内のシェアリングサービスの実証実験を行なわれるというニュースを見て、非常に面白いと感じると同時に、これが進めば、新たな不動産サービスそして入居者同士のコミュニティそして、新たな経済活動が生まれるのではないかと思ったので、取り上げてみた。

このサービスが浸透し、進化していたったら、非常に面白い。

昔の古き良き日本、そんな人のつながりが進化系で起こり得ないか、期待したい。

不動産でも新たな展開

これは、不動産というか、建物の入居者サービスとして、新たな展開が起こるのではないかと感じている。

もともと、シェアハウスやコーワーキングスペースでは、モノの共有や会議室の共有は行われていたが、今回のサービスはさらに一歩進んでいる。

個人が所有するモノや個人のスキルを集合住宅内でシェアできるサービスなのだ。

内容は、「新しい趣味のため、『たまに』のためにわざわざモノを購入できない」、「大きなモノを置くスペースがない」などの悩みを解決するために、様々なライフスタイルに合わせた物品を共同所有し、居住者に提供。

また、共用備品のシェアやさらに、個人が所有するモノをシェアするシステムや、個人のスキルをシェアするシステムも提供する。

モノのシェアは、「持っているけど普段は使わない」人と「ちょっと使いたい・ちょっと試してみたいけどわざわざ購入するのは気が引ける」人をターゲットとしたサービス。

スキルのシェアは、「できること」、「得意なこと」、「してほしいこと」がある人をターゲットとしたサービス。

これが、集合住宅サービスやコミュニティの通常のサービスになったと思ったら、すさまじい。

そこの入居者によって、色々なムーブメントが起こり、確実にコミュニティが作られる。

物件によって、その内容も嗜好性も、レベル感も異なってくる。

そこをどう平準化するのか、むしろしないのか。

人のつながりはオープンになるのか、クローズになるのか。

これが進んでくると、

要は、学校のレベルみたいに、あそこの物件のコミュニティはレベル高いけど、こっちは大したことないから、やめとこなど。

それで、物件の価値が変わってきたりする可能性もなくはないのではないだろうか。

逆にあそは嫌だなとか、マイナスに振れたりとか。

でも、高齢者の助け合いなどにこのサービスが使われるようになったら、非常に社会的意義につながるのではないだろうか。

新たなグループ構築が起こる

これらのサービスの一環でというか、進化系でこのコミュニティからビジネスが生まれたりしたらどうだろうか。

また、今回のテストは集合住宅からであるが、これが普通のオフィスの建物内などで行われるようになったら、各企業は資本関係は全くないのに、コミュニケーションが生まれ、スキルのコミュニケーションが生まれたりしたら。

しかもそれが、コーワーキングスペースとかシェアオフィスと違って、一定の距離感が保たれた状態で起こり得たら、今まで敬遠されていた交流も行わるのではないか。

例えば、どうでも良いが、

企業内の運動会。今ではだいぶ無くなったしまったが、これが同じオフィス内の企業間で行われたりしたら、交流も生まれ、テナントの引っ越しなどの移転阻止にもつながったりしないだろうか。

これは、例えばだが。

最後に

小さいことから起こるコミュニティが新たなムーブメントやビジネスや文化を発生させ、発信させ、巻き起こす一つの活動体になり得る可能性があるかもしれない。

これから、このサービスがどんな進化が起こっていくのか、予想付かない部分もあるが、予想できないような動きが出てきたとき、これは大きな社会的インフラになり得る。

まとめとして、繰り返しになるが、

今回、実験が行われるシェアは下記からだ。

【個人が所有するモノや個人のスキルを建物内でシェア】

・建物として、様々なライフスタイルに合わせた物品を共同所有し、居住者に提供。

・共用備品のシェア

・個人が所有するモノをシェアするシステム

・個人のスキルをシェアするシステム

 

モノのシェアは、

「持っているけど普段は使わない」人と「ちょっと使いたい・ちょっと試してみたいけどわざわざ購入するのは気が引ける」人をターゲットとしたサービス。

スキルのシェアは、

「できること」、「得意なこと」、「してほしいこと」がある人をターゲットとしたサービス。

このサービスや仕組みをどうビジネスに活かすかは、まずは、不動産業界でどうなっていくのか注視していこうと思う。そこから次だ・・・

昨今、

”シェアリング”、”人のつながり”、”コミュニティ”などのキーワードは、新たなビジネスのキーワードの一つになっている。

 

ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。