不動産

初心者でも分かる基本的な不動産投資とは

初心者でも分かる基本的な不動産投資とは

 

連載で下記の通り、初心者シリーズを紹介していますが、

今回もそのシリーズの続きです。

また、このサイトでは、基本不動産について紹介することが多いですが、久しぶりに不動産の記事になり、かつ今回は初心者向けに紹介していきますので、よろしくお願い致します。

さて、以前からここでは、不動産投資を推奨しており、また、最近、資産運用で不動産投資を行っている方も増えてきていますが、実際にはどのようなものなのでしょうか。

また将来的に安定した収入が得られるのでしょうか。

このような悩みを解消していきます。

不動産投資ってどう?

不動産投資はマンションやアパートなどの不動産を購入し資産運用を行っていきます。

不動産投資で得られる家賃料収入が大きな利益になります。

若い世代のうちに不動産投資を行うことで購入資金の確保やローン返済期間を確保することができます。

若い世代から始めたほうが良い理由

不動産投資は少額資金で行うことが難しく、年齢を重ねた方では資金の確保やローン返済を行うことができなくなります。

若い世代は不動産購入するための資金の確保や退職金などをローン返済に回すことができます。

早めに資産運用として取り入れることで長期に渡り、将来必要となる新な資金を賃料で補うことができます。


不動産投資とは

不動産投資は長期的に安定した家賃収入が見込まれるため、将来の生活(不労)や老後資金として大切なお金を確保することができます。

しかし、不動産は流動性が低く長期的保有や金利の上昇、多額のローン返済などがかさむ場合があります。

その為、不動産投資にまつわるリスクを把握することで上手に資産を運用することができます。

不動産投資は国内から海外まで幅広い地域に渡り、投資を行うことができます。
JPリターンズ

不動産投資のメリット

【不動産投資のメリット】

・不動産投資を行うことで働かなくでも安定的な収入が見込める(不労収入)

・年齢に関係なく始められる

・生命保険の代わりに団体信用生命保険が使える

・節税対策になる

不動産投資は良いことばかりではありませんが、低金利の銀行にお金を預金しているより利回りは良くなります。

一般的に銀行の預金の利回りは0.001%と言われる中、不動産投資の利回りは4~5%と言われています。

資産運用で行う不動産投資には

資産運用で不動産投資がおすすめの理由には長期に渡り、安定した賃料が得られ物件の価値があるからです。

不動産投資は資金やローンが組める方なら将来的に物件が自分の代わりに稼いでくれます。若い20~30代の方なら老後まで30年以上の労働期間が残っています。

その為、資金を持たなくてもローンを組んで返済しながら安定的な収入を得ることができます。

また定年者の場合はゆとりある退職金や銀行預金があります。それらの大切な資金を不動産投資に回し、毎月安定的な賃料を得て生活を過ごすことができます。

一般的に大卒の退職金は2,280万円、高卒でも1,970万円が貰える予定になっています。

このような資金を元手にさらに資産を増やすことで将来の安定した生活を過ごすことができます。

自分が何かの原因で働けなくなった場合でも賃料で生活をすることが期待持てます。

基礎を身に付けよう

若い世代の方が不動産投資の基礎知識を身に付けることで将来的に安定した収入を得ることができます。

また老後の生活のために、今から不動産投資について学ぶことで自分のライフスタイルに合った資金の確保や計画を考えることができます。

今までに紹介した基本の記事を下記に記しますね。

不動産投資

不動産投資で稼ぐ①

不動産投資で稼ぐ➁

資産運用の初心者でも不動産投資の基本を学ぶことで金融商品の選択幅が広がります。

不動産投資のリスクとメリットを把握することで失敗や落とし穴を回避することが考えられます。

不動産投資は必ず、デメリットを把握し需要が高いエリアや物件、信用できる金融機関や不動産会社を選びましょう。

まとめ

不動産投資は昔から人気が高い金融商品の一つですが、多くの失敗談や落とし穴が存在します。

自分で将来の生活を考えたとき、安定した収入を得るために不動産投資の基本を知っておくことも大切です。

地域やエリアの環境により恵まれた条件で不動産を入手する場合もあります。

しっかり不動産投資について学ぶことでいざ、物件を購入しようと思ったときに行動することができます。

いえーるコンシェル
RENOSY(リノシー)

ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。