他金融商品

初心者でも簡単  ETF おすすめ銘柄

初心者でも簡単 ETFおすすめ銘柄

初心者でも簡単に分散投資ができるのがインデックスファンドのETF です。
また、上場投資信託ETFは株式投資のように売買てきるのでアクティブに運用することもできます。

そこで、個人投資家に人気のあるETFを初心者にもわかりやすくリターンが得られる投資方法とETF の銘柄の選び方を解説していきます。

プロが認めたETFの素晴らしさ

金融の世界では機関投資家や大学基金や年金基金などのプロの金融マンはETFを活用して運営しています。
初心者でも資産運用でETFを活用することで運用コストを大幅に軽減させることが出来ます。

世界の富裕層や金融のプロ達は以前からETFのメリットに気付き、ETFをポートフォリオに組み入れて資産運用に活用しています。

ETF銘柄選びのポイント

○流動性のあるETFを選ぶこと

一般的な投資信託よりも手数料や信託保証が安いのがETF のメリットです。
一般的な投資信託よりも手数料が安く分散投資ができるのがETFの魅力です。

ETFの銘柄選びとして、一口の価格やリターン率や流動性で選ぶことをおすすめします。
やはり人気のあるETFを選ぶべきです。

○ETFはネット証券で簡単に購入することができる

ネット証券で気軽に検索することができて簡単にETF を購入することができます。

※積み立てNISAやNISA口座を開設して活用することで株式の売買が非課税になります。
楽天証券やSBI証券等で海外のETF や商品先物のETF 等様々な金融商品が簡単に購入できます。

手数料の安いネット証券を活用してほしい。

■長期的な投資でもアクティブにも対応できるETF銘柄選び

ETF は一般的な株式と同じように売買することができるため初心者でも簡単に長期や中期投資が可能です。
また、アクティブにトレードすることもできます。
レバレッジ型のETF や商品先物のETF はより高いリターンを望めます。
そして、信用取引もETF は可能です。

ETF の銘柄選びでチェックするポイント

○最低買い付け金額

ETF が一口いくらで購入することができるのか私は金額が安いETF で枚数をもった方が良いと思っていますが値動きや流動性を観ることがとても重要です。
高くてもほとんど三万円以下で購入することができます。

○純資産総額

純資産総額が多ければたくさんの人がそのETFを保有しているということです。
人気がある金融商品だと言えるでしょう。

○売買高出来高

売買高や出来高もランキングで観ることができます。
しかし、低いから流動性がないとは言い切れません。
ETFは、売買が盛んに行われているかどうかを示す流動性が大切です。
売りたい時に買い手が見つからなければ取引が成立しません。

○板を観ること

購入する前に、ETFのスプレッド(最良の売気配と最良の買気配の差)や「売気配口数」「買気配口数」などをチェックするべきです。
スプレッドが小さく、かつ多くの気配口数が提示されていれば、売買に支障はありません。

詳しくスクリーミングするETF の銘柄選び

〇 PER水準でみる

PER(株価収益率)は、1株当たり利益(EPSとも言われます)の倍率を示す指標です。
現在の株価水準が割高か割安かを判断するのに利用できます。

倍率が高ければ割高、低ければ割安と判断できます。
一般的に日経平均ではPER14倍~16倍が妥当な水準といわれています。
14倍の水準は株価の下支えとして機能することが多いです。

▲14倍前後で買い 16倍前後で売る

幅を狭めても良いと思います。

〇恐怖指数をみる

VIX(ボラティリティー・インデックス)、
別名「恐怖指数」と呼ばれる指標です。

オプション取引の価格から推計された予想変動率をもとに計算されるもので、
相場が大きく値下がりし始めた時に数値が跳ね上がります。

通常は10~20程度の値が、
暴落時には40を超えることもあります。

こういった異常値が出た頃に買ったリスク商品は、
長期投資でも安心して持ち続けられることが多いです。

○買いのタイミングをはかれる

日経平均やTOPIXといった指数に連動するETF の買いタイミングとして参考にできます。
また、このVIX指数自体に連動するETFも東証に上場しています。

恐怖指数をみている投資家はとても多いので参考にするべきです。

○騰落レシオをみる

騰落レシオとは、一定期間のうち、値上がりと値下がりの比率を計算することで数値化されるテクニカル指標です。

25日間・75日間など、日にちを決めて計算します。
株価が上昇してくると数値が上がり、反対に値下がりすれば数値は下がります。

騰落レシオが120%を超えている場合は、相場が過熱しすぎていると判断され、売りを検討するタイミングになります。

反対に80%を切っている場合は相場が売られすぎと判断でき、買いを検討していくタイミングになります。

80%で買い 120%で売る

オシレーター系だけでETF を売買する人もいますがトレンドも重要です。
大きなニュースに左右されることもあるので注意が必要です。

ETFランキング上位レバレッジ型ETFとは?

ネットのETF買い付けのランキング上位をしめているのがレバレッジ型やインバース型と呼ばれる、日経平均やTOPIX に連動して2倍動く金融商品です。
投資の初心者や取引になれていないトレーダーは上位銘柄だといっても手を出しては危険です。
レバレッジ型のETF はあくまでも短期的なトレード向きな金融商品です。

 

アクティブ運用なら自動売買トライオートETFもおすすめです

○資産運用も簡単な設定で任せる時代

インヴァスト証券のFX自動売買ツールのノウハウを活かした。
ETFを自動で売り買いしてくれるトライオートETFは設定も簡単で初心者でも直感的に設定することができます。
トライオートETFの商品もナスダックやS&P500に連動する人気のある商品ばかりです。
アクティブ運用にも資産運用にもインヴァスト証券のトライオートETFはおすすめです。

インデックスファンドに投資をするべき理由

おすすめは、値動きがわかりやすく透明性のあるインデックスファンドに投資をすることをおすすめします。
日経平均やTOPIX を指標と連動するインデックスファンドに投資をすることもいいですし、経済大国アメリカの全てに投資ができるのS&P500に連動するインデックスファンドETF、ナスダック経済指数に連動するETFをおすすめします。

○インデックスファンドとは?

ナスダックやダウ平均、S&P500といったアメリカの経済指標に連動する同じ値動きを目指す金融商品です。
日経平均株価が前日比1%上昇すれば、日経平均ETFの価格も約1%上昇するといった仕組みになっています。
また、インデックスファンドETFの価格は海外であってもほぼリアルタイムに知ることができます。
サラリーマンや主婦でも家事や仕事の合間にネット証券にログインすることなく、簡単にファイナンスのサイトやニュースで知ることができます。

ETFおすすめ投資方法

ETF インデックスファンドをいくつも保有する人がいますが、3つ位に絞るべきだと思います。

例として

日経平均かTOPIX に連動するモノひとつにすること両方持つか二つ以上は必要ないと考えます。

余力があるのであれば違う別の値動きをするETFを組み込むべきです。
10年、20年の積み立て投資は国内のETF よりも海外のナスダックやS&P500に連動するETF を買うことが良いと思います。

アメリカの経済は長期的に右肩上がりで成長しています。
これからも日経平均は過去の最高値を更新することは難しいでしょう。

インヴァスト証券のトライオートETFでアクティブに運用しながら楽天証券等のネット証券でインデックスファンドを保有するという方法が理想的です。

そして、年に一度は必ずリバランス、ポートフォリオの組み替えをするべきです。
一つの資産のみに資金を集中して投資すると、資産が大暴落してしまったときの損害は大きくなります。
同じように連動するインデックスファンドを複数もっていても意味がありません。

まとめ ETF3本に絞るなら

○国内のETF と世界経済インデックスファンドとS&P500またはナスダックインデックスファンドの3本。

○世界経済インデックスファンドとS&P500まてはナスダックのインデックスファンドの2本。

○ひとつに絞るのであればS&P500のインデックスファンドかナスダックインデックスファンドまたは楽天証券の世界インデックスファンドに投資をするなどです。

余裕があるのであれば新興国や商品、不動産、債権に投資をすれば良いでしょう。

ETFを3本に絞りこみ、余裕資金はトライオートETFで運用するのも良いでしょう。

以前に紹介したETFの記事

初心者でもわかるETF

ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。