投資全般

初心者でも簡単 おすすめ投資日経225証拠金取引

初心者におすすめ投資日経225証拠金取引

 

■はじめに

日本経済全体に投資をする日本225は村上ファンドの村上さんも初心者におすすめしている投資方法です。

日本経済はこれからまだ伸びると思っています。

アメリカの貿易戦争も長引くことはないと感じています。

 

○日経225とは?

東証一部上場企業の中から選定された225銘柄の株価が全体的に上がっているのか下がっているのか”を示す指数です。

日本株全体の流れを読み取る指標として有名ですからニュースで見ることもあると思います。

○日経225の魅力とは

日経225を買うということは、225の企業の株を少しずつ買うこととほぼ同等の効果があります。

つまり、日経225は買った時点で、日本の株式市場における分散投資の効果を有しています。

ですから初心者におすすめな投資なのです。

■日経225インデックスファンド

証券会社に口座を開設して日経225ETF(上場投資信託)を購入することで日本経済全体に投資が可能です。

日経225は、日経225証拠金取引のほかにも、日経225を売買することができる金融商品はいくつかあります。

■日経225CFDとは

○CFDとは

Contract For Difference”の略で、一般的には「※差金決済取引」と言われています。

現物の株式を売買する場合、現金で株式を買い、保有し、売却して売却代金を受取るという流れになりますが、CFDは差金決済取引なので、現物の売買は発生しません。

また、取引に際しては証拠金を預け、銘柄を売買し、その差金のみを決済するという流れになります。

【参考】

以前、CFDに関しての基本は紹介しておりますので、参考までに合わせて見てください。

初心者でもわかるCFD入門

■日経225証拠金取引(CFD)のメリットとは

①取引期限がないこと

買ってすぐに売ることもできますし、買ってからずっと保有し続けることもできます。(ETFも同じ)です。

長期投資を行う上では必須条件です。

②配当を受け取れること

通常の株と同じように、買っていれば配当がもらえます(ETFも同じ)です。

③夜間も取引可能や祝日も取引可能

土日や元日を除いて、日経225をほぼ24時間取引できます。

海外市場の動きを受けて「取引したい」というときなどでもストレスがありません。

④売りから入る取引も可能なこと

日経225が値下がりの局面でも利益をねらうことができます。

⑤信託報酬を支払う必要がない

ETF等の信託報酬とは違い信託報酬を払う必要がありません。

日経225証拠金取引は自分で運用するので、信託報酬という概念自体がないのも1つのメリットです。

このように日経225証拠金取引は、日経225miniと日経225連動型ETFの「いいとこ取り」な金融商品と言えるでしょう。

■レバレッジをかけられる

投資の初級者にも日経225証拠金取引をおすすめする最大のメリットは、投資資金を少なめに抑えることも可能という点です。

○日経225証拠金取引の買い方

日経225証拠金取引では、1枚、2枚、といった「枚数」を単位として売買が行われます。

取引者の間では、たとえば“日経225が21000円のときに1枚買った”とか、保有している5枚を21500円で売ったなどのように表現されます。

では、この1枚とはどのくらいの取引なのでしょうか。

「日経225の価格×100倍」、これが1枚の取引です。

例として、

日経225の現在の価格が20,000円だった場合、1枚は「20,000円×100倍」なので、計算すると200万円分の取引を行っていることになります。

しかし日経225証拠金取引では、その1枚を買うのに200万円を用意しなければいけないワケではありません。

2019年6月現在、1枚買うための金額は10万円未満です。

この1枚を買うために必要な金額のことを証拠金と呼んでいます。

証拠金は一週間ごとに取引所(東京金融取引所)から1枚あたりの基準額が提示され、各証券会社がその基準額をもとにそれぞれ独自のルールで決定しています。

手数料が安く、金融商品が多いネット証券をおすすめします。

 

CFDはFXと同様に取引期限がなく、レバレッジを効かせた取引ができます。

そのため、取引期限のある日経225先物取引と比べて、FXと商品特性の良く似たCFDは初心者でも取引を始めやすいです。

※レバレッジをかけられ先物取引のように期日がない日経225証拠金取引CFDは長期投資でも可能なために初心者におすすめなのです。

■長期投資を始めるタイミング

長期投資とはいえ、やっぱりなるべく安いときに買っておきたいと思いますが少額から始められるのでタイミングを気にすることなくポジションを持つことをおすすめします。

始めるタイミングの目安としてご提案するのであれば、ニュースで連日、株安が報道されるようになったときが購入するタイミングです。

お話したように投資スタンスが長期目線であれば、仕込みどき(買いどき)を焦る必要はありません。

早く始めるよりも安く買ったほうが有利ですから、そんな場面をじっくりと待つのも戦略の一つです。

■おわりに

株式投資初心者は馴染みのある日本経済に投資をすることをおすすめします。

そこで日経225のインデックスファンドに投資をするのも良いですが少額から始められるCFD取引をおすすめします。

CFD取引は色々な商品がありますが、その中でも始めるのであれば日経225証拠金取引がとても有利です。

ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。