他金融商品

初心者でもわかる ゴールデンクロスについて知ろう!!

初心者でもわかる ゴールデンクロスについて知ろう!!

ゴールデンクロスはFXの基本的なテクニカル分析のサインです。
絶対ではありませんがトレンドを掴む為にはとても有効な手段であり、意外と奥の深いサインでもあります。

FX取引において世界中で非常に有名な「買いのシグナル」ゴールデンクロスを簡単に解説します。

■ゴールデンクロスとは?

ゴールデンクロスというのは、

短期と長期の2本の移動平均線で確認できるサインです。

具体的には、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜いていくのがゴールデンクロスです。

主に、移動平均線やMACDと呼ばれるテクニカル指標を使用する際に見られるシグナルで、移動平均線の場合において短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜ける事を意味します。

○MACDとは?

2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。

MACDの傾きからトレンドの方向性を見るといった利用方法もあります。

○移動平均線とは?


一定期間の平均価格を日々計算して出した「答え」を線でつないだものです。
例えば5日移動平均値は5日分の平均価格となります。

そして、日々の平均価格を線でつないだものが5日移動平均線となります。

平均価格(ここでは終値の平均)を使用することで日中の大きな変動に惑わされることなく、現在の相場の方向性(トレンド)がどちらを向いているのか(上がっているのか、下がっているのか)を見ることができます。

■移動平均線の見方使い方

移動平均線は2~3本同時に表示して使うのが主流です。

比較的に短い期間での取引なら短期と中期、
もう少し長い期間の取引をするなら中期と長期とか、複数本の移動平均線を表示して使います。

異なる期間の移動平均線を表示することで、移動平均線の突き抜けのサインも精度が上げることができます。

短期(中期)の移動平均線が中期(長期)の移動平均線を下から突き抜けることそこが買いのサインとして知られています。

ゴールデンクロスが起こってからその後、相場は大きく上昇することがあるというイメージです。

そこで、ゴールデンクロスが現れると、強い上昇トレンドが発生する可能性があるとされています。

■デットクロスとは?

ゴールデンクロスの逆パターンで、デッドクロスというものもあります。

これは下降トレンドが発生するというサインで、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜くことを示しています。

ゴールデンクロスもデッドクロスも、要はトレンドが発生する可能性があるよということを教えてくれるサインです。

それが上昇トレンドか下降トレンドかという目安になります。

■ゴールデンクロスは絶対ではない

ゴールデンクロスがハマると利益を伸ばすことができます。
しかし、ゴールデンクロスはもちろん万能なサインというわけではありません。

①ゴールデンクロスにはダマシもある

ゴールデンクロスはトレンドが発生する際に必ず出るモノです。


しかし、間違えてはいけないのは、ゴールデンクロスはあくまでも予測だということです。
ゴールデンクロスが出たからといって、必ず上昇トレンドが発生するとは限らないということです。

■レンジ相場の可能性

レンジ相場でもゴールデンクロスが発生します。


その時、頻繁に短期移動平均線と長期移動平均線がクロスしていますが、大きなトレンドが発生はしないことがあります。

ゴールデンクロスをサインとしてトレードをしようとすると、強い上昇を見込んでエントリーしてはレンジ上限で跳ね返されるというのを、何度も繰り返すことになってしまいます。

このように、ゴールデンクロスというのはレンジ相場の時には使い物になりません。

つまり、ゴールデンクロスをうまく使うためには、レンジ相場は避けないといけないというわけです。

その時々の相場によって、テクニカル分析は変わってしまいます。

相場の大きな流れを把握すること、大きな相場の流れを把握したうえで、自分が取りたいトレンドを見極めて、ゴールデンクロスという物差しを使って捕まえる。

そういうイメージを持つことです。

■最後に

基本的なサインゴールデンクロスは大きなトレンドを予測してうまくトレードてきれば利益も大きなモノになります。

ローソク足にいくつかの移動平均線を加えるだけでトレンドが見えてきます。
初心者でもわかりやすいテクニカル分析です。

ゴールデンクロスというのは短期移動平均線が長期移動平均線を上抜くことそこが上昇トレンド発生のサインということです。

しかし、ゴールデンクロスにはダマシも多いので、それを避けるためにMACD等のオシレーター系のテクニカル分析を使うことそしてレンジ相場でのゴールデンクロスには気をつけることです。

ブログランキングに登録しております。応援頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。